民間宇宙開発

SENKEN株式会社は日本(JAXA)をはじめ、NASA等の宇宙開発事業をサポートしております。
日本の宇宙開発

日本の宇宙開発はこれまで順調に進み、日本の宇宙技術は世界のトップクラスに達しています。
JAXAは日本の宇宙機器産業を今後も継続的に発展させるために、国として日本の宇宙産業を盛り上げ、海外へのビジネス展開を進めています。

衛星を持ちたいという新興国向け(アジア、南米、アフリカなど)の売り上げを伸ばしています。
宇宙科学研究

NASAは2009年にケプラー宇宙望遠鏡を打ち上げました。それは夏の天の川でおよそ20万個の星をターゲットにして、続いて空の周りの30万個の星をターゲットにしました。 そして、いくつかの星は惑星を持っています。
宇宙科学研究所の天文学者たちは、それらの星の性質を測定することによってこれらの惑星系の大きさと年齢を決定しています。

また、データベースから目的の星を選択して、ドネーションに応じてその惑星に希望する名前を付けてくれる機関もあるようです。
民間宇宙開発

現在、最も需要の高い宇宙旅行は、高度約100キロに到達した後、地球に帰還する準軌道飛行。搭乗者は数分間、微小重力状態による浮遊を楽しんだり、漆黒の宇宙を背にした地球の姿を眺めたりすることができます。

繰り返し使用可能な準軌道飛行用の宇宙船開発を進める民間企業は増えています。
そして今後、10年間で数千人が宇宙旅行すると予測されています。
事業の成功を受けて顧客の関心が高まれば、市場は約3倍になる可能性があるとも指摘されています。
生命の誕生

標準的な理論によれば、ビッグバン後に物質と反物質は等しい量だけ生成したといいます。しかし物質と反物質が出合うと互いに消滅して高エネルギーの光子ペアを生成するので、今日の宇宙には無味乾燥な放射しか存在していなかったはずです。幸運にも、ビックバン直後の決定的な瞬間に、なぜか物質の生成のほうが優先されたようです。
次に、惑星が誕生しました。物質が優勢になって宇宙は冷えていき、まもなく原子や分子が形作られました。一億年後、水素とヘリウムからなる巨大な最初の惑星が誕生し、それらの惑星は短い一生を終えて巨大な爆発を起こし、その後の恒星や銀河の原材料となる重元素を宇宙に撒き散らしました。

ビックバンからおよそ90億年後、水素やヘリウム、および少量の塵が恒星間空間を満たしていました。それらは単に漂流する以上のこと、恒星の巨大な爆発現象である超新星からの衝撃波が原初のガス雲を圧縮して、太陽や惑星の形成の引き金になったのかもしれません。
地球を生んだばかりの太陽系はまだ不安定な状態で、大量の岩の塊が不規則な軌道を飛び回っていました。およそ45億年前、火星ほどの大きさのある岩の塊の一つが地球に激突し、衝突でえぐり取られた地球の一部とともに軌道上へ飛び出しました。それが月を作ったと言われます。これによって、親惑星に対して異常に大きい衛星が作られたのです。大きい月が安定的に重力を及ぼすことで、地軸の傾き、いわゆる黄道傾斜角が一定になります。
太陽による地表の加熱具合が激しく変化して、地球全体が凍結する時期が頻繁に訪れるなどの極端な気候変動が起こることは、この月の作用によって防がれています。

そして、39億年前に大量の隕石の衝突が起こり、地球は過酷な環境になりました。岩石のあいだを循環する温水の中で余熱によって化学反応が促進されて、生命が誕生しました。われわれは偶然によって誕生したのです。

サイコロ遊び

アインシュタインの理論の中核をなすのが、ある場所から別の場所へエネルギーや情報を光より速く送ることはできないとする、ノーシグナリング規準です。この規準は因果関係の鎖を守り、原因の前に結果が起こるのを防いでいます。
決定論的な世界では、どんな遠隔作用もノーシグナリング規準に反します。しかし量子論のおかげで、因果律をぎりぎりのところで台無しにしないもっと弱いつながりが存在できます。(相対論を通じて)宇宙の互いに離れた領域どうしに、ある程度の分離性と独立性があるようです。そして量子のもつれを通じ、離れた領域どうしを結びつけ、宇宙全体は一貫した形にまとまっています。
宇宙の離れた領域どうしをどんな手段よりも強く結びつけながらも、原因と結果を区別できるのは、ランダム性のおかげです。そのために神はサイコロ遊びをしている?