SENKEN
           



商業宇宙旅行事業で「宇宙へ行く」

ヴァージン社の宇宙旅行事業には、これまで多くの著名人(スティーブン・ホーキング博士や米俳優トム・ハンクスなど)が予約を入れており、パイロットを含めて8人乗りの宇宙船「スペースシップ2」で高度約109キロの宇宙空間まで飛行し、約2分間の無重力状態を体験できるそうです。費用は1人当たり25万ドル。

また、世界初の宇宙旅行者デニス・チトー氏は、501日間の有人火星往復ミッションの計画を明らかにしました。このプロジェクトは、総コストが10億ドル超になると見込まれてますが、寄付金やスポンサーからの支援など民間資金でまかなう予定。
火星が次に地球に接近するのは2018年。その貴重なタイミングを逃さずにミッションを成功させたい考えのようです。


現在、最も需要の高い宇宙旅行は、高度約100キロに到達した後、地球に帰還する準軌道飛行。搭乗者は数分間、微小重力状態による浮遊を楽しんだり、漆黒の宇宙を背にした地球の姿を眺めたりすることができます。

繰り返し使用可能な準軌道飛行用の宇宙船開発を進める民間企業は現在6社。
今後10年間で約3600人が実際に宇宙旅行すると予測されています。
事業の成功を受けて顧客の関心が高まれば、市場は約3倍になる可能性があるとも指摘されています。

カナダのパフォーマンス集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」の創業者、ギー・ラリベルテ氏はロシアの宇宙船ソユーズで宇宙旅行に飛び立ち、国際宇宙ステーション(ISS)を有償で訪れる世界で7人目の「観光客」となりました。
クルーメンバーの宇宙飛行士によると、ラリベルテ氏はロケット打ち上げの際、非常に幸せそうだったようです。

 

日本の宇宙開発はこれまで順調に進み、日本の宇宙技術は世界のトップクラスに達しています。
日本の宇宙機器産業を今後も継続的に発展させるために、国として日本の宇宙産業を盛り上げ、海外へのビジネス展開を進めています。
衛星を持ちたいという新興国向け(アジア、南米、アフリカなど)の売り上げを伸ばしています。

世界中で技術開発が競争されている中、日本が国家として必要な衛星やロケットなど次世代の宇宙システムを作っていくのが宇宙機関の務めの一つだと思っています。(JAXA)
http://www.jaxa.jp

Enjoy an all-out battle by senken!
Thank you
Questions? Comments? Email us at info@senken.jp


オリジナルゲームが100種類以上勢ぞろい!簡単操作で手軽にじっくりプレイ!!